妊娠線はおなかだけじゃない!セルフケアマッサージの方法を場所別でご紹介♪

「出産直前までできていなかったのに、出産でいきんだ時に一気にビリっとひび割れてしまった!」

なんて悲しい事態を起こさないためにも、妊娠中の保湿ケアは欠かせません。

お肌に充分な潤いや柔軟性がないと、妊娠線は、太もも、お尻、バストなどに現れてしまうことも。

妊娠線ができにくいお肌をつくるには、毎日の保湿ケアにセルフマッサージを加えることがオススメです。

今回は、

  • おなか以外に妊娠線ができやすい場所
  • 部分別のセルフケアマッサージの方法

について詳しくご紹介します。

全身まるごとの保湿ケアで、妊娠線をしっかり予防していきましょう。


目次


妊娠中のセルフスキンケアは絶対に必要?

妊娠中の保湿ケアはなぜ必要?

妊娠線は、約7~8割の妊婦さんにできてしまうと言われています。

プレママかおり
そんなに多くのママにできてしまうのなら、ケアする意味はあるの?

そう思ってしまうママもいるかもしれませんね。

しかし妊娠中は、妊娠線の発生だけでなく、肌のかゆみや乾燥、お肌の黒ずみなどのお肌トラブルに悩まされることも。

妊娠中に体重が増えることで汗をかきやすくなったり、子宮の圧迫による頻尿で夜ぐっすりと熟睡できないことなどが、その要因になるのだとか。

妊娠中のお肌トラブル対策には、無理のない範囲で、こまめなスキンケアを行うことが大切なようです。

(参照:日本赤十字社 葛飾赤十字産院「妊娠中のスキンケア」)

妊娠線は体型とホルモンバランスの変化でできる

妊娠線はホルモンの変化と体型の変化でできる

妊婦さんのお肌トラブルは、妊娠中の体型とホルモンバランスの変化によって、引き起こされている場合が多いようです。

特に、多くのママを悩ませる妊娠線は、妊娠中に分泌が増える「コルチコステロイド」が原因なのだとか。

コルチコステロイドは、お肌のターンオーバーを抑制する働きを持つホルモン。

ホルモンの影響によってターンオーバーのサイクルが乱れたお肌は、バリア機能がうまく機能しないために、乾燥しやすくなってしまいます。

先輩ママじゅんこ
乾燥した唇がひび割れを起こしてしまうように、お肌に潤いが足りていないと、妊娠線ができやすくなってしまうのよ。

妊娠線ができやすい場所

妊娠線ができやすい場所

ホルモンによって全身が乾燥しやすくなってしまうのですから、妊娠線は、体のどこにできてもおかしくはありません。

さらに妊娠中は、出産や母乳に備えて皮下脂肪がつきやすくなります。

柔軟性に乏しい皮下脂肪は、ひび割れやすく、妊娠線予防にとって厄介な存在。

お肌の乾燥にくわえ、からだ全体に皮下脂肪が蓄えられることで、妊娠線はできやすくなってしまうようです。

おなか

おなかは、ほかの部分に比べ、圧倒的に妊娠線ができやすい部分です。

妊娠中期から徐々に膨らみ、後期に入ると一気に大きくなるため、この時期に妊娠線を作ってしまうママが多いよう。

おへそから下腹部にかけての、見えづらい部分が特に注意したいポイント!

臨月に入ると赤ちゃんが下がってくるので、出産まで気を抜かずケアすることが大切です。

先輩ママじゅんこ
ママの多くは、妊娠後期におなかに妊娠線ができてしまったみたい。

自分では確認しにくい下腹部は、特に念入りに保湿ケアしてね。

お尻

妊娠中は、大きくなる子宮に合わせて骨盤が開くため、お尻や腰回りにボリュームが出やすくなるようです。

お尻は、思春期を迎えた女の子が、丸みを帯び女性らしい体つきになる際に、肉割れがあらわれやすい部分でもあります。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が活性化しますから、お尻周りは特に脂肪がつきやすなるのかもしれませんね。

太もも

太ももの付け根部分と内側にも、妊娠線ができやすいようです。

これは、妊娠中にボリュームアップする腰やお尻周りを支えるように、太ももが太くなる傾向にあるためです。

思うように体が動かせず、運動する機会が減ってしまうことも、少なからず関係しているようです。

バスト

バスト横の脇部分と下側に、妊娠線があらわれやすいようです。

母乳に備え乳腺が発達するため、妊娠中は通常よりも1~2カップほどサイズアップするママも多いよう。

大きくサイズアップしているのも関わらず、それまで使っていたブラをそのまま使ってしまうと、ワイヤーなどがお肌に擦れて刺激になってしまうことも。

妊娠中は、大きくなったバストを優しく包みこんでくれる、妊婦さん向けのブラを選ぶことが大切かもしれません。

二の腕

二の腕の内側に、妊娠線があらわれてしまうママもいるようです。

二の腕は、上半身の中でも皮膚が柔らかく、脂肪がつきやすい部分だと言われています。

主治医に注意をされるほど体重が増えすぎている場合は、二の腕の妊娠線にも注意が必要です。

妊娠線予防に大切なのは保湿ケア!

妊娠線予防に保湿ケアは欠かせない

全身どこにでもできてしまう可能性がある妊娠線。

妊娠線をしっかりと予防したい場合は、保湿クリームやオイルなどを活用してみましょう。

セルフマッサージを加えてあげると、有効成分の浸透率も高まるのでオススメです♪

少々値が張るものも多いですが、妊婦さん専用に作られたものを使うと、より安心ですよ。

先輩ママじゅんこ
妊婦さん専用に作られたクリームやオイルは、妊娠中の敏感なお肌にも使えるように、優しい処方のものが多いわ。

妊娠線だけでなく、むくみケアをしてくれたり、妊婦さんに嬉しい成分がたっぷり含まれているのよ♪

1回に使う量は、塗り終わりのお肌にティッシュペーパーが張り付く程度が目安です。

お肌への摩擦を軽減するためにも、なるべくたっぷりの量を使うようにしましょう。

保湿ケアはいつから始めるべき?

妊娠線予防セルフケアは、おなかが大きくなり始める妊娠中期の頃までに、習慣化しているのが理想的

そのためには、妊娠初期から保湿ケアに取り組み始めることがオススメです。

妊娠初期は、つわりなどで体調が不安定な時もありますよね。

妊娠線予防専用クリームなら、そんな妊婦さんの体調を配慮して、無香料処方になっているものも多いんですよ♪

妊娠線予防クリームやオイルを選ぶ時のコツ

妊娠線予防クリームやオイルは、なるべく余計なものが入っていない、低刺激タイプのものを選ぶようにしましょう。

ドラッグストアなどで購入できる手頃な保湿ケアアイテムは、お肌の表面部分だけにしか働きかけてくれません。

妊娠線は表皮奥の皮下組織にできますから、妊娠線ができる部分にまで働きかけてくれるクリームやオイルを選ぶことが大切になってきます。

伸びが良くベタつかないテクスチャーのものを選ぶと、お手入れがしやすいうえに、すぐに洋服を着ることができるのでオススメです♪

どのくらいの頻度で保湿ケアを行うべき?

妊娠線予防では、こまめな保湿ケアを継続することが大切になってきます。

ケアのタイミングは、朝と夜の1日2回がオススメ。

特に、体が温まっているお風呂上りは、クリームやオイルの浸透率もアップするため、嬉しい効果を感じやすいですよ♪

おなかが一気に大きくなる妊娠後期や、乾燥肌ママは、ケアの回数を増やすなどの工夫をしてみてくださいね。

妊娠線予防のためのセルフマッサージ方法

妊娠線予防のための部分別マッサージ方法

妊娠線予防クリームやオイルを使う場合は、ちょっとしたマッサージを加えてみましょう♪

セルフマッサージで得られる、嬉しい効果は以下の通りです。

  • 血行が良くなる
  • お肌の柔軟性を高める
  • クリームやオイルの浸透性を高める
  • お肌のたるみ予防

ここからは、部分別のマッサージ方法を詳しくご紹介します。

おなかのケア

おなかのマッサージ
  1. おなかの下側から上に向かって、優しくなでるようにクリームを伸ばします。
  2. おなか全体に大きく円を描くように、マッサージします。
  3. 脚の付け根部分を、中心から外側に向かって小さい円を描くようにクルクルとマッサージします。

おなかのハリを感じたら、すぐに中止するようにしてくださいね。

太もものケア

 

View this post on Instagram

 

朝井麗華@産後2ヶ月の整体師さん(@asaireika)がシェアした投稿


太もものマッサージ
  1. 膝上から脚の付け根に向かって、下から上にクリームを伸ばします。
  2. 妊娠線ができやすいとされるヒザ裏、太ももの内側、外側は念入りに。

お尻のケア

お尻のマッサージ
  1. 脚の付け根から腰に向かって下から上へと、クルクルと円を描くようにクリームを伸ばします。
  2. 妊娠線のできやすいお尻の下側は、内側から外側に向かって優しく撫でます。

お尻や腰回りは乾燥しやすい部分なので、念入りな保湿を心がけるようにしましょう。

腰回りのケアを行う際は、おなかのハリを防ぐため、仙骨を強く刺激しないようにしてくださいね。

バストのケア

 

View this post on Instagram

 

朝井麗華@産後2ヶ月の整体師さん(@asaireika)がシェアした投稿


バストのマッサージ
  1. デコルテの中心から、外側に向かってクルクルと円を描くようにほぐします。
  2. バストの下側を中心から外側、外側から中心へと優しくなでます。
  3. 手のひらで、バストの下から上へとなで上げます。

妊娠初期~中期にかけてのバストトップへの刺激は、おなかのハリに繋がる場合もあるので注意しましょう。

二の腕のケア

二の腕のマッサージ
  1. クリームを取った手で、反対側の腕を軽く絞り上げるようにして、クリームをまんべんなく伸ばします。
  2. ヒジ上から肩にかけて、優しく撫であげます。

妊娠線ができやすい内側を重点的に行うと良いでしょう。

セルフマッサージを行うときの注意点

妊娠線予防マッサージ注意点

セルフマッサージを行う際は、力を抜いて優しく撫でるように行いましょう♪

力を入れすぎてしまうと、お肌を摩擦してしまい、逆効果になってしまいかねません。

妊娠初期~中期にかけては、クリームやオイルに含まれている成分にも注目してみましょう。

自然由来のオーガニックな素材でも、妊娠中のお肌に合わず、かゆみや赤みが出てしまう場合もあるようです。

また、アロマオイルの中には、女性ホルモンの分泌や子宮収縮を促す作用を持つものや、卵巣に刺激を与える通経作用をもつものなどがあるようです。

妊娠中に避けたいアロマオイル
  • ジャスミン
  • ラベンダー
  • サイプレス
  • カモミール
  • シナモン

これらのオイルは、妊娠中のセルフマッサージには避けた方がベターなようです。

まとめ

妊娠中は全身まるごと保湿ケア

今回は、おなか以外に妊娠線ができやすいとされる部分と、部分別のマッサージ方法についてご紹介しました。

妊娠線中は、ホルモンバランスの変化によって

  • 皮下脂肪がつきやすくなる
  • お肌が乾燥しやすくなる

と言われています。

産後のキレイなお肌のためには、おなかだけでなく、全身まるごとの保湿ケアが重要となるでしょう♪

ABOUTこの記事をかいた人

mm

ヨガインストラクター(子育て集中の為休業中)兼、美容ライター。3児の母。 23歳からはじめたヨガから自らの出産の経験を元に、マタニティーヨガなどのインストラクターの経験を持つ。 産院などから講師として教室を運営。現在栄養学を勉強しながら、美容ライターしての活動を行う。