出光オートフラットの評判
  • 出光
  • シェル

といったガソリンスタンドを運営している出光興産のカーリースサービス。

それが、オートフラット

この記事では、オートフラットの

  • メリットとデメリット
  • 実際の利用者からの評判・口コミ

を徹底的に掘り下げました!

「カーリースを利用しようと検討している」

「向いているなら選択肢の1つとして考えたい」

という方へ!

目を通していただけると

「オートフラットが自分に向いているのか」

がわかる内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

⬇︎テレビCMも放映中⬇︎

オートフラットのメリット

出光興産のマイカーリース、

オートフラット

のメリットについて解説します。

全国500店舗で取り扱い店舗がある

オートフラットは

  • 出光
  • シェル

といったガソリンスタンドを運営している出光興産のサービスです。

オートフラットを取り扱っている店舗は全国で500店舗あるのが特徴です。

500店舗あることにより、

  • 急な転勤
  • 単身赴任

に強く、引越し先でも不自由なくメンテナンスを受けることができます。

メンテナンスは主に

オートフラット取り扱いのガソリンスタンド

となります。

別に提携整備工場もあるため、自宅近くに出光がない方も安心です。

契約を考えている方は公式サイトの

よくある質問

の中に店舗検索があります。

ですので、オートフラットを取り扱っている店舗があるか探してみてください。

◎Good!
  • 500店舗あるので引越も安心!
  • ガソリンスタンド提携整備工場でメンテナンスできる!

走行可能距離が長い

カーリースは月々に走行可能距離が定められています。

契約終了後に走行距離が超過していると違約金が発生します。

走行距離はカーリース会社によって異なりますが、オートフラットは

月3,500km

の走行が可能です。

3,500kmは日本列島の最西端の与那国島から北海道の宗谷岬まで走れる距離です。

毎月こんなに走る方は稀なので、どなたでも安心して利用することが可能です。

そんな距離設定はカーリースとしてはかなり長いです。

他社の具体例を挙げると、同じガソリンスタンド業界のコスモ石油が運営している、

コスモスマートビークル

最大1,500kmの設定となっています。

他社と比較してもかなり距離が長い方です。

ですので、距離が長いことはオートフラットの明確な強みと言えるでしょう。

◎Good!
  • 走行可能距離は3,500km/月
  • 距離超過の違約金の心配が無い

スタッドレスタイヤが込みのメンテプランがある

カーリースは通常、

スタッドレスタイヤ

を料金に含むことはできません

東京などほとんど雪の降らない地域であれば問題はありません。

ですが、東北地方など雪の多い地域ではスタッドレスタイヤは必須です。

消耗品として金額が高いタイヤだけでなく、

スタッドレスタイヤ

リース料金に含められるのは大きな魅力と言えるでしょう。

3つのプランのうち、スタッドレスタイヤを含めることができるのは

フルメンテプラン

のみになります。

  • オイル
  • タイヤ
  • バッテリー交換
  • ロードサービス付帯

など、内容的にもフルメンテプランが一番おすすめです。

ちなみに月の走行距離が2,000kmを超える方はフルメンテプランが

強制

になります。

価格を抑えるために

  • メンテなしプラン
  • マイメンテプラン

を検討している方は注意が必要です。

◎Good!
  • スタットレスタイヤもパックに含められる!
  • 各種交換ロードサービスも付与できる!

オートフラットのデメリット

こスモスマートビークルと同じく、

ガソリンスタンド系列

のリースならではの魅力がたくさんあるオートフラットです。

しかしデメリットはもちろんあるので、把握しておきましょう。

選べる車種に限りがある

コスモスマートビークル

では中古車を選ぶことができます。

ですが、

オートフラット

で選べる車種は国産車の新車のみです。

  • 月額を抑えたい場合
  • 外車に乗りたい場合

は別のリース会社を検討した方が良いでしょう。

コスモスマートビークルの

  • 中古車プラン
  • 新車プラン

では毎月3,000円ほどの違いとなるため、

年間36,000円

5年契約の場合だと18万円もの差になります。

後述しますが、予算を抑えたい方はトータルで考えて

コスモスマートビークル

の方がおすすめです。

Bad!
  • 国産の新車しか選べない!
  • 中古車リースに比べて高い

SS系リースにしては高め

  • オートフラット
  • コスモスマートビークル

値段の違いを比較してみましょう。

前述した通り、オートフラットには中古車設定がありません

そのため、新車のホンダN-BOX同士の比較をいたします。

オートフラット

↓↓↓↓↓↓↓↓

コスモスマートビークル

↓↓↓↓↓↓↓↓

どちらのリース会社も

G.L Honda SENSINGの「フルメンテナンス付きプラン」で条件を統一しています

オプションも試算できる限りほぼ一致、7年契約に統一して計算しました。

リース会社 車種 月支払額 総支払額 差額
オートフラット
  • N-BOX
  • G.L Honda SENSING
37,800円 3,175,200円 +562,464円
コスモスマートビークル
  • N-BOX
  • G.L Honda SENSING
31,104円 2,612,736円

コスモスマートビークルに対し、オートフラットの方が56万円ほど高いのがわかります。

低価格で選ぶならコスモスマートビークルを選ぶ方が良いでしょう。

Bad!

他社よりかなり高い

未成年と専業主婦は審査が厳しめ

オートフラットだけでなく、ほとんどのカーリースには審査があります。

オートフラットはQ &Aに

未成年と専業主婦の方は連帯保証人が必要です

と文言があります。

審査が通るか自信のない方は審査が不要の

ニコリース

を利用するのがおすすめです。

ニコリースは保証金5万円が必要ですが、信販会社の審査がありません

Bad!

未成年・主婦には連帯保証人が必要

オートフラットの評判・口コミ

ここまで、オートフラットのメリット・デメリットを紹介しました。

「実際の利用者はどのように感じているのか」

オートフラットの評判・口コミを見てみましょう。

良い評判・口コミ

ガソリン代が値引きされるのが嬉しい!ガソリンスタンドで気軽に相談できるのが良かったです。オプションで何をつけるか悩んでいたので、客観的な意見をもらえてすごく助かりました。5年コースでフルメンテのプランを選択し、申し込みから納車までもスムーズでした。カードも一緒に契約したので、ガソリン代も7円/L値引きされます。残価が低めに設定されている分、月々の支払い金額は少し高めです。メンテなしのプランが一番安いですが、手間や時間を考えるとメンテありのプランの方がお得だと感じています。オプションをなるべく最低限にすることで料金を抑えました。

出典:みん票

ガソリン代も安くなります。新車を購入しようと考えていましたが、住宅ローンの負担が大きかったので、毎月の金額が明確なカーリースを利用することにしました。オートフラットは出光グループなので、ガソリン代が安くなる点がいいなと思い、そこに決めました。私はフルメンテプランで利用しているので、オイルやバッテリーなどの交換も料金に含まれており、大変助かっています。車検も自分で行う必要がないので、車検にかかる費用を貯めなくていいのもありがたいです。リース料金を出光カードで支払うとポイントが貯められる点も気に入っています。見積もりもネットから簡単にでき、希望の車をリースすることができました。

出典:みん票

カーリースを利用するのは初めてでしたが、ガソリンスタンドでおなじみの出光がおこなっているカーリースなら信頼できると思い、利用を決めました。契約は店舗へ行かなければならないと思っていたのですが、ネットから審査申込ができたのには驚きました。仕事が忙しくてなかなか手続きに必要な時間をとれない私にとってはとてもありがたかったです。新車を購入するとなると最初にまとまったお金が必要になりますが、リースなら毎月3万円弱の支払いで綺麗な軽自動車に乗れます。私は7年契約なので飽きる前にまた新しい車に乗りかえることができるのも良いなと思いました。

出典:みん票

悪い評判・口コミ

反対に、悪い口コミをご紹介します。

サービスが新しいわりに、テレビCMのおかげで知名度は意外とあるようです。

そのCMも酷評されてしまっていますが…。

料金に対する感想は

高い

と思っている人が一定数いるようですね。

評判・口コミまとめ
  • ガソリン値引きがある!
  • フルメンテで手間がかからない
  • ネットで審査申込みできる!
  • 料金が高い

オートフラットはこんなあなたにおすすめ

メリット・デメリット、実際の利用者からの評価を踏まえて、

オートフラットがどんな人に向いているのかまとめます。

こんなあなたにオススメ!
  • 出光を給油や整備のメインに使用している方
  • 頻繁に雪が降る地域に住んでいる方
  • アウトドアや旅行などの長距離移動する趣味がある方

オートフラットの魅力は、

  • 月3,500kmまで走行できる
  • スタッドレスタイヤをリース料金に含められる
  • 全国どこでもサービスが受けやすいこと

の3つが挙げられます。

全国の出光や提携工場でメンテナンスを受けられるため、

  • 引っ越し
  • 単身赴任

の可能性がある方に向いています。

可能走行距離が長いので、

  • 単身赴任中に家族の元に帰る
  • キャンプに行く

など走行距離が多くなる趣味に使うのも良いでしょう。

オートフラットはこんなあなたには向いていない

反対に、次のような方にはオートフラットは向いていません。

こんなあなたには向いていない
  • 価格を重視している方
  • ディーラーで整備を受けたい方
  • 出光やシェルが近くにない

オートフラットは同じガソリンスタンド系リースの

コスモスマートビークル

よりも金額が高めです。

  • 整備の安心感
  • サービスのレベル

で言えばメーカー系リースの

  • トヨタ:kinto
  • 日産リース

に軍配が上がります。

リース業界におけるオートフラットの立ち位置は微妙と言わざるを得ません。

とは言え、

  • 走行距離が多い
  • スタッドレスタイヤをリース料金に含められる

などの明確なメリットも存在しています。

自分にあったリースを選ぶことが重要です。

 

「オートフラットは私には向いていないかも」

そう思った方へ。

カーリースサービスは、会社によって

  • 車種
  • 契約期間
  • 月々の料金に”何が含まれている”か

が違ってきます。

あなたの求める条件に合ったカーリース探しをして、契約後に後悔しないようにしましょうね!

おすすめの記事